借入金・返済方法について

借入金を返済するには何種類かの返済方法があります。

貸金業者のホームページを見ましても各社でいろいろな返済方法がありますが、一般的にはなじみのない方式が記載されており、これを分かり易く解説します。

一般的な返済方法

 

  • 元金均等方式
    借入元金を返済回数で割った金額と、毎月の利息額を合計した金額を返済額とする返済方法です。利息は元金の残高に応じたものなので、支払回数に応じて毎月の支払額が減っていく仕組みになっています。
  • 元利均等方式
    毎月の返済額を一定額に設定し、内訳(借入れ元金部分に対する支払額とその利息分のみ)を変化させる返済方式。利息は元金残高にかかるため、返済当初は利息充当分の割合が高く、返済が進むにつれ元金返済分の内訳が増えるという方式。
  • 一括返済方式
     約定の期間内は利息払いで期日に一括返済する返済方式です。
  • アドオン方式
     アドオン方式とは、最初の借入金額から利息を割り出し、それを元本と合わせたものを返済回数で割りそれを月々返済する方式です。非常に簡単ですが気をつけなくてはいけません。
    ※例として100万円借り、アドオン率5%、返済回数10回とすると
    100万円×5%=5万円の利息がつきます。
    だから、合計で105万返すので、それを10で割り1回あたり、10万5000円ずつ返していけばいいという計算方式です。
    しかしこれを実質年率という形に表示すると実質年率は約11%になります。
    (この例ですと約2倍近い利息になりますので注意が必要です。)
  • リボルビング方式
    月々の返済金額を一定に設定したうえで、利用金額に応じて借金返済回数が決まります。 利用金額・利用件数に関わらず、月々の返済金額を一定額に設定し、支払いを行う返済方式。通称「リボ払い」といいます。
    リボ払いも何種類か支払い方法があります。

 

リボ払いの種類

一口にリボ払いと言いましても何種類かの支払い方法があります。

  • 元利定額リボルビング方式
     あらかじめ決まった支払利息額(毎月1万円・毎月2万円)などの定額を支払う方式。毎月の支払額に元金と金利分が含まれます。
  • 元金定額リボルビング方式
     毎月、あらかじめ決まった一定支払額、更に支払利息額を加えた金額を支払う方式です。
  • 元金定率リボルビング方式
     あらかじめ決まった定率で算出された支払額と、利用残高・日数に応じた利息を加えた金額を支払う方式です。
  • 残高スライドリボルビング方式
     毎月の返済額・最低支払額が借入残高に応じてスライド(変化)する返済方式。決められた限度額の範囲で何度でも繰り返し利用できる方式です。
  • 残高スライド元金定額リボルビング方式
     借入残高によって、利息を含まない定額が見直されるリボルビング方式です。
  • 残高スライド元利定率リボルビング方式
     元利定率リボルビング方式の中で、借入残高により定率が見直されるリボルビング方式です。
  • 残金スライド元利定額リボルビング方式
     消費者金融で最も多く採用されている返済方式で、元利定額リボルビング方式の中で、借入残高により定額が見直されるリボルビング方式です。